自転車でケーキを運ぶには?!カゴに乗せる?崩れない運び方のコツとは?

NO IMAGE

ケーキを運ぶ時、できれば車や徒歩で運べば安心ですが忙しかったり何かの帰りで自転車で行ってしまう事もあると思います。

そんな時、一番心配なのは中のケーキの状態ですよね。

『ちゃんとぐちゃぐちゃにならずに運ぶ事ができるだろうか?』

・・・それは、誰しもが考え心配に思う事です。

上手に運ぶコツがあるなら知りたいし、乗せ方で崩れなくて済むならそれに越した事はないですよね。

今回は、そんな心配をしている方に朗報!!

自転車でも上手にケーキを運ぶコツ、崩さずに運ぶための方法をお話したいと思います。

どうしても自転車で運ばなきゃならない方々、参考にしてみてください!!

Advertisement

自転車でケーキを運ぶには?

まず、自転車でケーキを運ぶにあたり、手で持った方がいいのかカゴに乗せた方がいいのか迷いますが…それは愚問です(笑)

だって、カゴに乗せなければまず移動する事ができません。

自転車を押すにしても漕ぐにしても、ケーキを片手で持つ方が危ないです!!

傘をさす事すら今は禁止されている中で、片手でケーキの箱を持ちながらなんてとんでもないです。

それでは押す事も難しいですし、まして自転車に乗る事も大変になるはずです。

例えばバスタオルなどでカゴの底を安定させてからケーキの箱を乗せるのがもっとも安定して安心に運べる方法です。

もしバスタオルなどがない場合は、上着でもバックでもカゴの底を安定させられるようなら何か違うものを代用しても大事です。

何も下に敷けないのなら、直にカゴにケーキの箱を置いて隙間を何かで埋める方法もあります。

あまり重いものでなければ、上に乗せて動かないように固定するなどしてもいいですが、もしかしたらケーキの箱を潰してしまう可能性を考えるとあまりオススメできません。

自転車のカゴにケーキを乗せても大丈夫?

率直な答えは、「大丈夫」です。

自転車のカゴに乗せるのであれば、ちゃんと安定させていて動かないようにある程度固定されている状態なら、静かに自転車を漕げば問題ないはずです。

ただ、その際にケーキ屋さんにもケーキを詰める時に隙間をなくしてもらうように伝える事が大切です。

せっかく箱を安定させていても、中でぐちゃぐちゃ動いているのであれば何の意味もないですから。

Advertisement

自転車で崩れないケーキの運び方のコツとは?

上にも書いた通り、ケーキの箱を安定させてカゴに乗せる事が第一です!!

自転車を漕ぐにしても、押すにしても、ケーキの箱を持ったままでは何もできません。

移動をするには、まずカゴに乗せる必要は必要不可欠ですよね。

ならば、その『乗せ方』に気を使ってあげれば自転車でケーキを運ぶ事も十分に可能です。

きちんとケーキの箱を安定させて、中身の隙間もちゃんと埋めてもらって、自転車を漕ぐ時や押す時になるべく平らな道を通るように、どうしても段差を通らなきゃならない時はできるだけ注意して通るようにします。

ガタガタしてしまうと、その分カゴの中のものも自然と揺れますよね?

それだと、固定されていて左右には動く事はないとしてもそのガタガタの振動や動きによっては上下にハネるように動く場合も有り得なくはないのです。

せっかく慎重に家に帰ったつもりでも、開けたらぐちゃぐちゃになっていたり、ちょっとズレて見栄えが悪くなってしまったのではがっかりしてしまいますね。

自転車でケーキを運ぶ時は、本当に注意が必要なので気をつけてくださいね!

最後にまとめ

今回の記事はどうでしたか?

少しでもお役に立てたでしょうか?

実は私も一度だけ、自転車でケーキを運んだ事があるんです。

その時は、外見はがっちり安定させて固定されて運びましたが中身がちょっと隙間があったようで…

運ぶのに失敗してしまったんです。

それからは中身もガッツリ固定してもらうようにお願いするようにしたら、カゴの中に上着を敷いて安定させた上にケーキの箱を乗せて普通に漕いで運ぶ事に成功したんです!!

自転車で運ぶ場合は、何個も選択肢があるわけではないのでポイントさせおさえてしまえば、あとは一刻も早く帰宅する事だと思います。

Advertisement