自転車でケーキを運ばないといけない!崩さずに運ぶ私のおすすめ方法とエピソード

NO IMAGE

以前、ある話を耳にしました。

ホールケーキを自転車のかごにいれて持ち帰ったところケーキがぐちゃぐちゃになってしまったとお店にクレームを入れ、返金してもらったという話です。

ケーキは崩れやすく、ちょっと傾けただけでも箱にクリームがついてしまい、見た目が悪くなってしまいます。

ケーキを持ち帰るときはとても慎重にならないといけないですよね。

もちろんお店では丁寧に作り、梱包され、きちんと箱に入ってきます。

たいていのケーキ屋さんは、受け取る時や持ち帰る前に、崩れていないか一緒にみせて確認してくれています。

お店を出た後にケーキが崩れてしまうのは、個人的には、それはもう自己責任としか言いようがないような気がしてしまうんですけどね。

できれば崩れないような方法で運ぶというのが良いですが、そうも言っていられない場合があります。

Advertisement

ケーキを自転車で運ぶしかないときがある

私自身田舎暮らしなので、車が必須です。近所のケーキ屋さんも基本的には車か徒歩なので、自転車での持ち運びはしないようにしています。

しかし、自転車でケーキを運ばざるを得ない状況というのはあるのです。

・学生や子供達。
・車での移動がかえって不便な都会暮らし。
・車の免許を持っていない。
・タクシーを使うほどでもないし移動にあまりお金を掛けたくない。

そんな時は、自転車でケーキを運ぶしかないという状況になってしまいますよね。

子どもながらに、お母さんを驚かせたい一心で自転車でケーキを運んだことを思い出します。

Advertisement

自転車でケーキを崩さずに運ぶ私のおすすめ方法

自転車を安全に走らせながら、できるだけ崩さないようにするには…

かごに無理やり押し込むのはちょっとナシですね。
崩れるのは当たり前です。

私は個人的にはハンドルに引っ掛けるという方法がおすすめです。

前かご、リアキャリアなどでは自転車移動の際の衝撃が直接ケーキの箱に伝わってしまうので崩れやすくなりますよね。

出前の自転車を見本にすると、わかりやすいですが、あれはゆらゆら揺れながらバランスをとり衝撃を逃がしてくれているので、こぼれにくく、通常の走行では食器が割れたりすることもないのですね。

片方のハンドルに引っ掛けるとハンドルが重くなりますので注意が必要ですが、両手はちゃんとハンドルを握っていられるので安全です。

私のエピソード

私が学生の時は、前かごに軽く乗せて、手で押さえながら走っていました。

片手ハンドルになってしまうので、本当はダメですよね。

人通りの少ない場所、時間帯に出来たら良いですね。

ケーキは気持ちですから、一生懸命な気持ちが伝われば、多少崩れても良いのです。

事故を起こすことなく元気に家に帰ってきてくれたら、良いのです。

素敵な記念日になりますように。

Advertisement