ケーキがお持ち帰り途中に崩れてしまった失敗エピソード

NO IMAGE

我が家では先日長女の誕生日がありました。

子供たちの希望もあり、娘2人が近所のケーキ屋さんにケーキを受け取りに行くことになりました。

この記事にあるとおりケーキが崩れてしまったのですが今回はそのときのお話をしますね。

子供たちのおつかいで、予想以上のダメージが

道中こっそり見守っていた夫や父の報告によると、娘たちは交互に持っていたようで、うきうきして手を振り回してしまったようですね。

袋の中で箱が傾いたままにもなっていたようです。

家に帰るころにはケーキが側面にべっとりついてしまっていました。

ありますよね、そんなことも。

残念ながらチョコクリームでコーティングされたチョコレートケーキが、箱にべっとり。

食べられるのは8割程度になってしまいました。

予想以上に残念な結果になってしまいましたが、子供たちが頑張って持ち帰ってきてくれた勲章だなと、その時は集まった家族で慰め合いながら、みんなでほほえましく食べたという話でした。

が、もしかしたらですよ。

もしかしたら、ちゃんと初めに確認していれば、もともと崩れていた可能性もありますから、こだわるようであればちゃんと親が行くべきだったとも考えられますね。

ケーキなどの崩れやすいものは、こだわるのであれば、親が責任もって持って帰ってこないといけないですしね。

Advertisement

ケーキ崩れのクレームという事案も多々あるようです!

今回の我が家の場合は完全に持ち運びの最中の問題ですし、私達親はちゃんと確認もしていなかったので、クレームを言うような事案では全くありませんが、調べてみると、ケーキが崩れてしまったことでのクレームをいれる方も結構いるようですね。

帰宅後、廊下に置いておいただけなのに、食べるときに開けたらケーキがぐちゃぐちゃになってしまっていた。

クレームは結局いれなかったようですが、その方はクレームをいれようかかなり迷っていた様子でした。

また、自転車のかごにケーキを押し入れて帰宅し、家に帰るころには、ケーキはぐちゃぐちゃ。

それで全額返金してもらったという人もいるようですね。

完全に自分に非がない場合は良いかもしれませんが、お店で出された時、持ち帰る直前に確認しておかないと、完全に自分に非がないとは言えないので注意ですね。

お店の方たちもかなりそこは慎重になってやってくれていますから、私が知る限りの洋菓子店では、持ち帰る前に箱からケーキを一度出して見せてくれることがほとんどです。

なので、よっぽどのことがない限りは、残念ながらお店の問題ではなく、持ち帰りの際や、家での保管状況が原因かもしれないということになってしまいますね。

折角のお祝いのケーキですもの、ハプニングも楽しみながら気持ちよく食べられるといいですね。

Advertisement